やりたいこととできること

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_m

地方のとある博物館で仕事をしている私は、この仕事に就いてからもう20年が経過しました。
勤続年数がこれだけありますので、そこそこのポストについているわけですが、最近の悩みがやりたいことはいっぱいあるけど、できることは限られるという事です。一般の企業などと違い、仕事の仕方にも成果にも決まった形があまりない仕事で、そこが他の仕事と比べていい点でも悪い点でもあります。
これまで開館以来積み重ねてきたノウハウを継承していくも良し、思い切って別な方法を試してみるも良し、方法はいくらでもあるのですが、最終的には入館者、入館料の確保が前提になります。
極端な話、方法はどうであろうとお客さんに喜んでもらえてお金を稼げればいいのですが、これが一番難しく、「これだけやっておけば」というような秘訣的方法がいまだに見つかりません。
博物館のポテンシャルにはさまざまな要因がありますが、地方の我が館では予算も所蔵品も都市部の大きな博物館には太刀打ちできません。で、職員の創意工夫という事なるのですが、最近いろいろアイデアはあるもののそれをこなすだけの自分の体力に限界を感じています。
若い頃は能動的に仕事をしてきて、ようやく自発的な仕事ができるようになると体力は落ちていくというこの矛盾と戦っている今日この頃です。